対面説明と現物確認による販売をしましたが・・・│☆イタグレ大好き☆ペット販売士

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対面説明と現物確認による販売をしましたが・・・

2013-09-02 | 18:21

まだ8月だから、いいのだろうけどきちんと法改正されたことを守って販売してきました。

仙台空港で引き取りをして、山形県のお客様の元へ行ってきました。

スマホのナビで行ったため、到着時には充電切れでお写真はありません。

カメラは持って行かなかったので、反省中

受け取った時の「ここはどこ?」のキョトン顔だけしか撮っていません。

20130830_135408.jpg


ちなみにHPに掲載していたこの子です。

67slm1.jpg


ブリーダーさんに、空輸代金は請求通りお支払いしていますが、このように受け取った後の交通費は

お客様に負担していただくんですよね?

今回はリピーターのお客様ですので、私の自腹です。

高速代金、ガソリン代がかかります。

なので利益が薄くなってくることになります。

そうならないために、交通費が上乗せされてしまうのもどうなんでしょうね~


以前にイタグレのピッポちゃんをご購入していただき、その時は仙台までお迎えに来ていただきました。

P1160307_20130902175355019.jpg



ピッポちゃんはとってもお利口に育っていました。

色も濃いブルーで、「この子は声帯がないのではないか」と思うほど吠えたことがないんだそうです。

その隣で、ひたすら吠えているイタグレちゃん(名前忘れました)がいましたが、

その隣のウィペットちゃん(これも名前忘れました)も静かに、おとなしくしていました。

まず、玄関に黒ラブの男の子がいて、居間でキャバリアのきなこちゃんが人懐っこく出迎えてくれて、

居間の隣のお部屋にゲージが3つあって、ピッポちゃん、イタグレ、ウィペットといました。

写真があると説明が要らないのにね~

ひたすら吠えていたイタグレちゃんは、骨折の治療中でストレスもあったのでしょうが、まるで

我が家のフィンリーがいたかのように、飽きもせずに吠えていました。

最初に骨折して、完治した後さらに同じ前脚のその上を骨折したんだとか・・・

この子は直接ブリーダーさんから迎えた子です。

どちらかと言うと、ピッポちゃんタイプがいいわ~

要求するのも、控えめにクンクンいうだけ人懐っこくキレイ

ウィペットは欲しかった時に、当HPに掲載されていなかったからということで

この子もブリーダーさんの元に出向いてお迎えされた子です。

そして、これで最後と決めたのがサルーキ

色やフリンジなどこだわりがありましたが、最終的にこの子、お名前はサーラちゃんを迎えていただきました。


やはりお話は法改正のことになりました。

欲しい子がいても、行ける時と行けない時(場所)があるからね!と

やはり、信頼関係だと思います。

それがなかったら、リピーターにはなりません。

帰りに山形名物の玉こんにゃくと米沢牛のお土産をいただきました。

20130830_221520.jpg


20130830_221537.jpg


2~3日後が食べ時のようで、今日の晩御飯は米沢牛です(嬉)

これもショップの店員さんとは違うところですよね。




しばらくは何かのきっかけから、法改正の話に移ってしまいそうですが

現物確認について、環境省の方が 

たとえば、ショップや同業者なんかと協力して、お客様とブリーダーさんの中間地点で見てもらうなど

と言ったのです。

子犬の移動のストレスを知らないんですね!!!

そこで、気に入ればいいですよ!

でもやっぱり要らないって言われたら、戻すんです。

ぬいぐるみじゃないですよーー

どこかのペットショップの「移動できます」って言うシステムを推奨でもしているかのような発言に

腰が抜けるほどびっくりしました。

それを言うと、たとえばの話ですって言われましたが、要するに子犬の健康をと言いながら

こうすれば負担が少ないと言うことをわかっていらっしゃらない。


子犬はストレスが原因で死ぬこともあるんです。

ブリーダーさんもそういいます。

だから、決まったらブリーダーから直接お送りしてもらう方法が一番ストレスを軽減できるのです。

今までそれが一番だと思ってやってきたことを、現物確認の義務付けなんて余計なことをと思いますよ。

「これから飼い主になるんだと言う自覚」って見て想うことじゃないでしょ?




法改正に伴ってネット販売をやめて、ブリーダーの犬を連れてきてお客様に見せる代行を仕事にするという方が

いるとお聞きしましたが、販売するための仕事なんですよね?

私には心が痛んでできません。


見たら買うだろうと思うのは間違いですよ。

「今回は見送ります」といわれた子犬を戻すなんて私にはできません。



当方でご購入いただいたお客様、リピーターさんの声も届いております。

可能な限り、皆さまにも思いを伝えたいと思います。

















イタグレ大好きペット販売士日記










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチしていただけると励みになります














スポンサーサイト

Theme : イタリアングレイハウンド
Genre : ペット

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。