獣医師として何ができるか│☆イタグレ大好き☆ペット販売士

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医師として何ができるか

2011-03-19 | 18:07

関西に住む獣医師としては、平常に近い生活で申し訳ないような気がしつつ、
何かできる事がないものかと考えている日々でもあります。

そんな中、facebook上で、
「獣医師・獣医学生として東北関東大震災に対して出来ることを考えよう」
というグループができ、そこでディスカッションが始まっております。

開業の獣医師のみならず、大学の先生や学生さんたちも加わって、
いいアイデアを考え合ったり、情報の共有をしあったりしています。

僕が発起人ではないのですが、僕も賛同して参加させていただいております。
あまりに大きな災害の前に、個人の力はあまりに小さいのですが、
みんなでできることを考え、ネットワークを作って向き合って行けば、
個人ではできない、考えつかないことができるのではないかと思っています。

今のところ参加資格は獣医師・獣医学生となっていますので、
直接リンクを貼るのではなく、告知・案内として、
ブログでの記事にさせていただきます。

もしこの記事をごらんになった獣医師・獣医学生の方で、
「自分も何かできることを考えたい」とお考えの方がいらっしゃいましたら、
内緒コメントで連絡をいただくか、
ponpokodr@yahoo.co.jp
まで連絡をいただけましたら、ご案内をさせていただきます。

人命救助が優先なのはもちろんですが、
災害は人のみならず、社会でともに暮らす動物をも、
困難な状況に追いやっています。

人として、獣医師として、自分たちにできる事を、
みんなで一緒に考えて行けたらと思います。

ぜひよろしくお願いします。

※転載、リンクもぜひお願いします。
                                 転載元: どうぶつ病院診療日記







イタグレ大好きペット販売士より








にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
ポチ頂けると嬉しいです♪








スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。